内窓の設置工事をさせていただきました |高気密高断熱住宅の新築・リフォームなら株式会社N Styleホーム

内窓の設置工事をさせていただきました |高気密高断熱住宅の新築・リフォームなら株式会社N Styleホーム

お問い合わせ

内窓の設置工事をさせていただきました

ただいま午前2時を回ったところです(笑)
はい、訳あって連続投稿になります

先日、美濃加茂市の住宅にて「内窓の設置」をご発注いただきました

皆さんも耳にされたことがあるであろう「熱伝導率」

アルミと樹脂を比較すると、それはどれくらいの差になるかご存じでしょうか?

…樹脂の熱伝導率は、アルミと比較して約1/1000といわれています

少しぴんと来ないかもしれませんが、
料理に使うアルミの鍋を思い出してください
取っ手部分は、アルミの熱を手に伝えないように樹脂でできていますね
だから鍋の部分は熱くなっても取っ手は握っても大丈夫
という理屈です

ここ岐阜県は、今年の夏も本当に暑い日が続いていますが
アルミサッシではやはり熱の影響を多分に受けてしまいます
夏場であれば、太陽熱の影響を受ける部位として、
この「窓」は一番大きな流入量とされています
具体的に数字を挙げると
屋根:6%
換気:5%
床:3%
外壁:12%

そして
なんと!
窓は…74%もの熱が流入しているのです

そのようなこともあり、
住まいの高断熱化に向けた一番の着目すべきポイントは ズバリ窓です

細かくいうと、窓の交換だけでは気密施工が
ちんとしていない建物では
冬場の結露を助長しますので、
あくまでおすすめは、窓の断熱化・建物の気密化・換気計画
のセットであることは変わりませんが、
費用対効果としては窓を一番初めて高性能化するというのは
妥当なのかもしれません

そしてもう一つのメリットは「遮音性が上がる」ということもあります

が、やはり気密化・換気計画もお忘れなく!

今回は6つの窓に対して内窓(樹脂フレーム+Low-e複層ガラス)を設置いたしましたが、
工事期間はなんと半日強という短時間で完了します

今回のお客様も本当に親切に接してくださり感謝です
こんなお客様に恵まれているからこそ、
「必ずお客様に喜んでもらいたい」
という気持ちがより一層強くなります

近々購入予定である高性能サーモカメラと、温湿度データロガーを使って
今回のお客様もアフターフォローをさせていただきたいと思います

「地域に必要とされる工務店」となるように
会社は大きくなくとも、志は大きく持ち続けたいと思います

それでは皆様、よい週末をお過ごしください(^-^)