Warning: array_merge(): Expected parameter 1 to be an array, object given in /home/xs945260/nstylehome.jp/public_html/wp/wp-content/themes/nstyle_theme/single.php on line 27

TOPICS

トピックス

美濃加茂市モデル棟 温度データを採取しました

    今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか?

    当社では本格始動は1月6日からですが、
    年末年始でゆっくりさせてもらった分、今日から”リハビリ”を兼ねて出社しております(笑)

    さて、早速ですが今日は当社のモデル棟の温度データのお話をさせていただきます

    使用した機材は (株)T&D社製の温湿度データロガー
    RTR501BL
    これを
    ①2階LDK
    ②2階浴室
    ③1階子供部屋
    ④床下(給気フィルターから2m付近)
    ⑤床下(地中熱取得後)
    に設置し
    2020年12月25日から2021年1月3日の10日間、1時間ごとの温度データの取得を行いました

    このほかに、岐阜地方気象台発表の温度の値も入れ込んでいます
    条件としては以下の通りです
    【建物面積:1階 73.28㎡/2階 68.31㎡/延べ床面積141.59㎡】
    【C値:0.13c㎡/㎡】
    【築年数】2015年2月
    使用したエアコンは
    ①1階玄関に設置された6畳用(2.2kw)のエアコン 設定温度24℃
    ②2階脱衣室に設置された6畳用(2.2kw)のエアコン 設定温度の20℃
    にて測定を実施しました

    【実際に取得したデータ】
    ①2階LDK 最低温度:24.6℃ / 最高温度:26.5℃ / 平均温度:25.4℃
    ②2階浴室 最低温度:23.3℃ / 最高温度:25.6℃ / 平均温度:24.3℃
    ③1階子供室 最低温度:23.7℃ / 最高温度:27.8℃ / 平均温度:24.9℃
    ④床下(給気フィルター付近) 最低温度:6.8℃ / 最高温度:12.5℃ / 平均温度:9.4℃
    ⑤床下(地中熱取得後) 最低温度:17.1℃ / 最高温度:18.4℃ / 平均温度:17.8℃
    岐阜地方気象台データ 最低温度:-2.4℃ / 最高温度:12.6℃ / 平均温度:3.8℃

    グラフを見ていただければ一目瞭然ですが、外気温は非常に大きく上下しているのに対し、
    地中熱取得後・1階子供部屋・2階LDK・2階浴室は非常に快適な温度で【安定している】のがわかると思います

    人間が快適であると感じる温度は23~27℃といわれていますが、
    N Styleホームのいえでは、どこでもその温度域に当てはまっています
    私たちが一番無防備になる場所である浴室でさえ、快適そのものです

    そして使用する空調設備は価格〇ットコムなどの某サイトであれば3万円から4万円で購入できる
    6畳用のいわゆる超シンプルなエアコンです

    少しだけ考察をすると
    換気によって外部の空気を送り込まれたばかりの給気フィルター付近では、外気の影響を受け温度としては低いですが、
    基礎内を駆け巡った新鮮空気は、無尽蔵のエネルギーである「地中熱」を取得し、
    室内に給気されるときには+10℃の恩恵を受け室内に給気され、さらに熱交換を行い約20℃で家の中に供給されます

    室内を整ったきれいな空気環境にするためには、継続した換気は必要不可欠です
    ですが、換気作業は室内の快適な空気を外に排出します
    外部に排出した汚れた空気と同等量が、外気から入ってくることになりますが、
    せっかく暖めた空気(夏であれば冷やした空気)を外に捨て、外の冷たい空気(夏であれば暑い空気)が屋内に入ってきます

    だから一般的に「換気をすると寒くなる(暑くなる)」と敬遠しがちです

    株式会社 N Styleホームでは、無尽蔵のエネルギーである地中熱を積極的に活用しています

    グラフからも読み取れるように地中熱は18.2~18.8℃と「ほぼ一定」の安定したエネルギーを与え続けています
    この地中熱は基礎内を「気密化」することで、換気による熱エネルギーのロスを最小限に抑え、且つ新鮮な空気を供給し続ける恩恵を与えてくれます
    そして家中をムラなく正確に施工された高性能断熱材と、確かな技術により施工された気密工事で わずかなエネルギー量であっても、
    建物の断熱性能・気密性能・換気性能を飛躍的に上げることで、夏も冬も半袖と短パンで暮らせる、ストレスフリーな住まいが可能となります。

    記事を書いたスタッフ

    西村 弥

    N Styleホーム代表取締役の西村です。 20代はプロのラグビー選手として活動し、引退後は建築業に身を置きました。 そこで「高気密高断熱住宅」の可能性に触れ、現在は岐阜県内でもトップクラスの省エネ性能の高い住まいをご提供させていただいています。

    公式ライン公式ライン 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ
    ページの先頭へ